U.Kaye Presents いつか、New Orleans

パソコンを買い換えました。今まではノートだったのですが、デスクトップに。でもって、自分のパソコンから見やすいようにスキン改造。 皆さんのPCからは、見心地悪くなったりしてませんでしょうか? そうでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ニューヨークに関すること、何でも
by UKaye

Mail to U.Kaye

ブログトップ | RSS | Commented

semスキン用のアイコン01 タグ:suntory ( 4 ) タグの人気記事  semスキン用のアイコン02

semスキン用のアイコン01 京都の夏、鱧の夏。サントリーさん、ありがとう!  semスキン用のアイコン02

2007年 07月 17日

さーて、このブロガー限定、プレミアムツアーのメインイベントです。前記事までは、ブロガーでなくても工場見学に行けば体験できる内容で、この先は、すみません、選ばれたブロガーとして参加させていただきました。

長岡京の料亭、いっぷく亭さんにお邪魔。京都の夏の風物詩、鱧をいただきます!
a0037729_2123353.jpg
上品な仕上がりですねー。料理って、味だけじゃなくて、見た目とっても大事。目でも食事はしてるんですね。

このいっぷく亭さん、サントリーの京都工場からバスで送っていただいたのですが、最初降りたときはビックリしました。降りた場所は・・・
a0037729_21342050.jpg
浄土宗の光明寺。関東では鎌倉にも同じ名前のお寺ありますね。浄土宗、東の総本山総本山か大本山かとか、そういう細かいこと無知です。そして、本当の本山は京都の知恩院でしょうから、東の総本山なんて呼び方があるかも不明、無責任でスミマセン。徳川時代以降、芝の増上寺の方が勢力強くなったみたいですけどね。

で、スタッフの皆さんが、境内の中へ進んでいくじゃありませんか。食事は、お寺の中???
座禅したり座禅は禅宗で、浄土宗でやるかい、なんて突っ込みナシね、雑巾がけしないと食べられないんじゃ? 真冬の朝じゃなくてヨカった、、、って、どっちみちしなくて済んだんだけど。

日本の夏、京都の夏。一週間後には祇園祭りが控えてますしねぇ。
a0037729_21501514.jpg
このまま境内に進んでいくのかと思いきや、

左折したら、こんな小門が。。。 そして、通り過ぎると見つけました、いっぷく亭!
a0037729_2153278.jpga0037729_2155202.jpg

正目入り口は、別のところに
a0037729_2203195.jpg
ではでは、お料理へと参ります。
a0037729_2225855.jpg
右下の湯引きが、冒頭の写真でしたが、他にも個別に。

鱧の南蛮漬け
a0037729_22143481.jpg

「たまご寄せ」と呼ぶそうです。中には、鱧が含まれています。
a0037729_2291422.jpg

鱧は入ってないけど、ゴマ豆腐。とっても上品で美味。
a0037729_229409.jpg


普通だったら平民にはありつけない上品な味。グルメって、こういうのを言うんですよね。私はグルメではなく、ただの飲んだくれです。サントリーさん、そんなことの違いをあんまり気になさらないで、グルメブロガーとして招待してくださいまして、本当にありがとうございました。

京都を訪れて、お金持ちならいつでも、庶民の方は、記念日に、「長岡京・いっぷく亭」で鱧料理はいかがですか?

そういえば・・・ サントリーさんのご招待だったのに、ザ・プレミアム・モルツの写真が1枚もない。。。す、すみません。。。ここでは、ビンでいただきました。工場で樽と缶、ここでビンと、1日でプレミアムモルツの3スタイル全制覇やってのけましたよ。

普段、一杯目はプレミアム・モルツ飲んでも、その後はもっと安いの、って流れになりそうだけど、この日、最後までプレミアム・モルツを飲み通し。。。工場では、他のお客様と同様、1人3杯って制限がありましたけど、ここでは無制限! 居酒屋の飲み放題でビール死ぬほど飲むことはよくあるけど、今日はそれがプレミアム・モルツだなんて! 自分のビール人生まるで俳優の役者人生のように、大げさな表現!で、最高に幸せな一日でした。
[PR]

by UKaye | 2007-07-17 21:55 | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 プレミアムツアー、前半戦のクライマックスは、できたてザ・プレミアム・モルツの試飲です!  semスキン用のアイコン02

2007年 07月 15日

a0037729_171221.jpg工場見学がおわったら、お楽しみ、出来立て&冷え冷えザ・プレミアム・モルツを、もちろんサーバーを通した樽生で。

ワインと水には旅をさせるな、なんて言葉もありますが、ビールもきっと同じ理屈で、工場の出来立てが美味しいんでしょう。

どうです、普通とは違う工場の出来立てビールの美味しさ、写真から伝わりますか?It Tastes Great!

工場ビールの美味しさは、出来立てであるほかに、いろんなこだわりから成り立っています。

写真から、泡の細かさ分かりますか?
サーバーを用いた、細かい泡の注ぎ方、サントリーさんの技があります。
注ぎ方は、私自身サーバー操作できませんので、ここに書けないのですが、興味のある方は、工場見学でご確認下さい(京都工場武蔵野工場へリンク)

どれだけ細かいか、少しだけ説明しましょう。

a0037729_17234257.jpg右の写真をご覧下さい。ピンボケごめんなさい。

プレミアムモルツが2つ並んでいますが、左は、一般的な注ぎ方、右は、サントリーさんお薦めの注ぎ方。違いは・・・ 

右は、泡が溢れてますね。どうしちゃったんでしょう?

これは、グラスの中をグルグルかき混ぜて、右だけがこうなっちゃった! という結果です。

どうして???

かき混ぜると、ビールの中の炭酸が噴き出しますね。そのとき、ビールの泡がそこそこ大きいと、隙間もいっぱいあって、簡単に炭酸が抜け出すことができるのです。一方、右は、細か~い泡を注いだビール。隙間が詰まっていて、泡を押し上げないと抜け出せないんですね。この、泡による、閉じ込め効果。重要なのは、炭酸もそうですが、風味、美味しさを閉じ込めてくれることです。だから、美味しい。

こんだけ美味しく注げるなら、家にビールサーバー欲しいっ! これって、業務用にしか供給してくれないんですか? とサントリーさんのスタッフにお尋ねすると、

「そうしたご要望、ときどきいただくのですが、お手入れが大変で、樽の中や、ホースなどのライン、3日に一度は洗わなくてはいけませんし、やはり飲食業でお仕事されてるからできることだと思っております」

とのお答え。そうですね、3日に一度、お手入れ。しかも、樽は毎日飲み明かさなきゃいけないんでしょうね。無理だ、自分には。やっぱ、そういうビール飲みたくなったら、お店に行きます。お店も、手入れの仕方によって、美味しさにかなり差が出るそうです。サントリーさんとしては、取引してるお店の中で、ここが、っていうことはできませんから、自分の足&喉で、美味しいお店を見つけ出すしかないですね。きっと、「響」とか「燦」で飲めば、間違いないでしょうけど。

a0037729_17563769.jpgでも、おうちで、缶ビールでも美味しいプレミアム・モルツは飲むことができます。缶での美味しい注ぎ方を教わりました。写真の左は、先ほどサーバーで注いだビール。右の空グラスには、これから缶ビールを注ぎます。注ぎ方の詳細はコチラで。

今まで、なんとなく仲間内で教わってきた注ぎ方って、泡の出すぎに注意して、最初からグラスを斜めに傾けて、って感じだったのですが、サントリー流は、グラスの半分までは、あえて豪快に泡を出すように注ぐ。これによって、キメ細かい泡が出せるのです。

a0037729_18115033.jpgさて、サントリーさんのご指導に従って、私が注いだ缶ビール。できばえ、いかがですか?

サントリーさんのザ・プレミアム・モルツは、2005, 2006, 2007年と、3年連続でモンド・セレクション最高金賞を受賞しています。これは、いろんな食品に賞が与えられるコンテストで、プレミアムモルツはもちろん、ビール部門での受賞です。そこで私が気になったのは、2004年に受賞したビールって、何なんだろう? モンドセレクションの公式ホームページは確認したんだけど、過去の受賞作品とか、そういう閲覧はできないみたいです。知りたいな~。プレミアム・モルツが一番美味しいビールであることは間違いないけど、2004年に最高金賞だったビールが、2番目に美味しいんじゃ? 飲み比べて、やっぱりザ・プレミアム・モルツが一番!ってことを確認したいです。

前半戦終了! いざ、夏の京都の風物詩、鱧をいただきにあがります!

工場の出来立てビールは、ブロガーが特別に飲めるんじゃなくて、皆さん、工場見学に行ったら普通に飲めますよ! 東京の方は武蔵野工場、関西の方は京都工場へ見学に行きましょう!飲みすぎ防止のため、いただけるビールは一人3杯まで。新宿から、武蔵野工場最寄の分倍河原までは、京王線で270円。往復の交通費、540円で、タップの生ビール、しかも工場できたてが、3杯飲めるなんて、とってもお得。最高の休日の過ごし方ですね。
[PR]

by UKaye | 2007-07-15 17:08 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 工場見学へ続きます  semスキン用のアイコン02

2007年 07月 11日

a0037729_0132037.jpgザ・プレミアム・モルツ講座に続いて、工場見学。
プレミアム・モルツ講座は、ブロガー限定ではなく、常時開校されています。詳しくはこちら

エスカレーターを上って、ガラス張りの部屋へ


a0037729_23391679.jpgこの釜の中で、麦芽のデンプンを麦芽糖やブドウ糖にまで分解したり(糖化)、その糖をアルコールに醗酵したりするのです。覗き窓がありますねぇ。覗いてみましょう。

a0037729_23443049.jpgちょっとガラスに色んなもの反射してて、わかりにくいかな? 私のカメラまで写ってますね。

製造中は、釜の中、醗酵まで終わったビールの素で溢れんばかりなのですが、残念ながら、本日は日曜日。ラインがストップしています。日曜日も稼動しなければいけないほど、プレミアム・モルツが売れまくると嬉しい、なんてスタッフの方はおっしゃっていました。

a0037729_2353886.jpgビールも、ワインと同様、熟成するんですね。熟成用のタンク。英語で、LAGER TANKと書かれてますね。ラガービールのラガーって、貯蔵の意味なのかな。

熟成期間、通常のビールに比べて、とっても長いのもプレミアム・モルツの特徴です。具体的な数字忘れた~ サントリーさんごめんなさい。


a0037729_23571416.jpgミクロフィルターと呼ばれる装置にやってきました。「生ビール」とは、このミクロフィルターを通して作られるビールのこと。役目を終えた酵母の働きを止めるのに、「生」でないビールは、加熱処理を施します。それに対し、生ビールは、フィルターの目で酵母を濾しとってしまうのです。ちなみにこのフィルター、NASA(米国航空宇宙局)で開発されたらしいですよ。スペースシャトル乗って、宇宙でビール作る実験でもしたのかな?

生ビールって、当たり前のようにどのメーカーも作っていますが、サントリーさんが先駆けのようです。

私、今までビールいっぱい飲んでましたが、生ビールって、酵母を「生」かしたビールだとずっと思い込んでいました。。。食欲(飲欲?)ばかり発達して、知性ありません、恥ずかしい。

a0037729_031625.jpgこれまた、機械だけの写真ですが、ビールを缶に充填する機械です。缶って最初、栓のある上面は、ついてないんですよ。ビールを充填して、その上からかぶせて、プレスだけでくっつけるんですね。それで、全然漏れない缶ができあがってしまう。技術って凄い。


つづいては、前半戦最大のお楽しみ、工場できたてビールの試飲会です!本日は、これにておしまい。
[PR]

by UKaye | 2007-07-11 00:13 | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 始まりは、プレミアム・モルツ講座  semスキン用のアイコン02

2007年 07月 09日

a0037729_2347338.jpgブロガー限定ツアー「京都プレミアム・ツアー」に参加。

サントリーグルメガイド公式ブログにも、そのときの模様が掲載されています。

それにしても、当選するなんて、思ってもいませんでした。
ランダム抽選なのか、ブログ内容から選考されるのか、わかっていなかったのですが、どうやら、サントリーのスタッフの皆さん、約200件の応募を丹念にじっくりお読みの上で選んでくださったようで、脱帽です。だって、ブロガーである自分に、ブロ友200人なんてとてもいないし、ましてや、短期間に過去記事まで掘りつくして読まれるわけですからね。そしてその結果、この私を選んでくださいました。とっても感謝です。


始まりは、ミーティングルームにて、ザ・プレミアム・モルツ講座。

なお、ザ・プレミアム・モルツ講座そのものは、ブロガー限定でも何でもなく、サントリーさんが常時開催されてます。

京都工場でのザ・プレミアム・モルツ講座のページ


a0037729_22532784.jpgプレモルの材料を紹介。ビールですから、まず麦芽。左の写真は、麦芽を取り出す前の麦。

プレミアムモルツは、もちろん麦芽100%ビール。そりゃ、92%は水で、あと炭酸や、ホップって材料はあるけど、本来麦芽であるべきところに、代替品(米やコーンスターチ)を用いずに、正当にすべて麦芽を用いているということ。でも、サントリーさんが凄いのは、「プレミアム」モルツじゃなく、ただの「モルツ」からして、麦芽100%なところ。
a0037729_2372441.jpg確かに、他社にも麦芽100%ビールはありますが、価格帯がプレミアムでしょう。モルツは、ノーマルな価格帯で、麦芽100%。それの、さらにプレミアムなんだから、どんなに美味しいビールか、想像つきますね。

さて、麦から麦芽を取り出しました。インストラクターの方が、「どうぞ、食べてみてください」と。

ハイ、いただきます。うまい、、、うますぎる。。。ビールのおつまみに最適!
今日は遠慮しましたが、人が見てなければ、ボリボリ食べ進んで簡単に一皿空けそうでした。

a0037729_23161380.jpgビールのもうひとつの代表的材料、ホップ。


元の実を、2つに割ってみます。
a0037729_2321337.jpgビールの、苦味のもと。ビールの臭いに似てるんだけど、もとのホップは、ちょっと違う。なんと表現したらいいか。。。

このあと、工場見学、できたてビールの試飲へと続きます。



a0037729_22254765.jpgサントリーさんの敷地は、緑がいっぱい。

参加されたのは、関西の名だたるグルメブロガーの方々。こんな方々の中に混ざってしまって、大変恐縮です。私の場合は、グルメ記事が優れているからとか、そういうのではなく、プレモルを始め、その他国内ビール各国ビールを飲み歩き、ビールへの情熱が伝わったからでしょう。でも、なんだかグルメブロガーとしても一定の評価をもらったみたいな錯覚で、とっても嬉しいです。

a0037729_22265624.jpgニューヨークブログで、タイトルはなぜかニューオリンズで、こんな私でも、選んでくださいまして、本当にありがとうございます。コンセプトがよくわからん、いい加減なごちゃ混ぜブログだとお思いの方、多数いらっしゃるでしょうし、実際私自身もそう思っております。でも、コンセプトのニューヨークを一貫して守ってたら、こんな幸運はやってこなかった。。。結果オーライです!

ビール飲み歩き活動、3月のこの企画の当選を目指して頑張ってたんですけど、そのときは願い叶わず。しかし、神様はしっかり見ていて下さいました。努力がすぐに報われないからって、無駄ってことは決してないんだなー、と実感。仕事、恋愛、受験でも、きっとそうですよ、皆さん。
[PR]

by UKaye | 2007-07-09 22:27 | Comments(4)