U.Kaye Presents いつか、New Orleans

パソコンを買い換えました。今まではノートだったのですが、デスクトップに。でもって、自分のパソコンから見やすいようにスキン改造。 皆さんのPCからは、見心地悪くなったりしてませんでしょうか? そうでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ニューヨークに関すること、何でも
by UKaye

Mail to U.Kaye

ブログトップ | RSS | Commented

semスキン用のアイコン01 <   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧  semスキン用のアイコン02

semスキン用のアイコン01 South Pacific @ Vivian Beaumont Theater 11.4  semスキン用のアイコン02

2009年 01月 03日

a0037729_2275268.jpgマラソン後に最初に観た作品はコレ。5月に訪れた時、現地で買おうと思ったら、初日を迎えてプレスの大好評を受けたためにチケットが売れて売れて、滞在中のチケットがなくなっていた因縁の作品。でも、その5月に11月のチケットを買ったら、しっかり最前列のカブリツキ席で堪能できました。

何だろう、コレ。リバイバルだから、ストーリーは今更変わりようがない、白人の上から目線のチープな作品なんだけど、それは置いといて、なんだか作品として引き締まってる。いい役者が演じれば、こんなものなのかな。特に凄いの、海兵隊大尉役のMatthew Morrison。この男、カッコ良すぎるし、オーラ出まくりだ。"Hairspray"のLinkのようなティーンエイジ・アイドル役から、こうした渋い役まで、何演じても凄い。同じこの劇場で、しかもこれまた今回と同じKelli O'Haraとの共演作品、"Light in the Piazza"でも、イタリア語までこなして魅了してたっけ。

a0037729_2273335.jpg←なんだか、劇場前は改修工事中で、鉄骨が張り巡らされていましたので、このサインの写真はかなり遠くから望遠で撮ったもの。でも、自分の腕前にしては、手ブレしてなくてよかった。
a0037729_23463823.jpg工事の壁面には、こんな、過去の作品群が描かれていました。
[PR]

by UKaye | 2009-01-03 22:27 | Broadway | Comments(3)

semスキン用のアイコン01 A Tale of Two Cities @ Al Harschfeld Theatre 10.31  semスキン用のアイコン02

2009年 01月 02日

a0037729_1921540.jpga0037729_1924574.jpg皆様、新年あけましておめでとうございます。

決して、ブログやめるわけではありませんので、今年もよろしくお願いします。
何度もニューヨークの地に降り立っていますが、10月は初めて。あと、訪れてない月は、2月と7月と8月になります。実は、もう今年の予定は、2月と7月が決まっています。さて、パーフェクトはいつ、やってくるんでしょうか。。。

話はそれましたが、今回の上陸で最初に見た作品、"A Tale of Two Cities"。まあ、てっとり早く、「二都物語」と呼びましょうか。ちなみに、マラソン前の観劇です。

原作は重厚でよいストーリーなんだけど、ミュージカルで盛り上げるの難しいだろうな~との予想で臨んだところ、思ったとおり。多くの人がそう思ったから、とっとと終わっちゃったんでしょうね。

まず、楽曲は全く印象に残りませんでした。
ラストシーン、主人公が死刑囚と入れ替わって、ああ、ギロチン刑になっちゃう、、、ってところから、何のドンデン返しもなく、本当に処刑されるわけだから、ひねりがないし。

ヨーロッパの革命期を舞台にした小説として、「レ・ミゼラブル」と比較されそうだけど、レミゼがどうして成功したかって、曲が耳に残りやすいのもそうでしょうけど、見せ場に富んでるのがかなり効いてるでしょうね。いろんな登場人物が、それぞれに生きざまを歌に載せて表現するから。これに対して、二都物語は、淡々とストーリーが進行しただけ、そんな印象でした。

さて、この劇場では、2月には早速新しい作品、"Hair"で再びお世話になります。
[PR]

by UKaye | 2009-01-02 19:06 | Musical | Comments(6)