U.Kaye Presents いつか、New Orleans

パソコンを買い換えました。今まではノートだったのですが、デスクトップに。でもって、自分のパソコンから見やすいようにスキン改造。 皆さんのPCからは、見心地悪くなったりしてませんでしょうか? そうでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ニューヨークに関すること、何でも
by UKaye

Mail to U.Kaye

ブログトップ | RSS | Commented

semスキン用のアイコン01 <   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧  semスキン用のアイコン02

semスキン用のアイコン01 日陰でも110度 -大阪芸術大学公演 @東京芸術劇場  semスキン用のアイコン02

2008年 08月 03日

a0037729_21475351.jpg今日見てきたのは、日本は東京池袋にて、大阪芸大の公演でしたが、写真は昨年5月のニューヨーク、RoundaboutによるStudio 54での公演。英語のキャッチが難しかったけど、Audraのオーラだけはもの凄く伝わりました。

華氏110度、どんなに暑いのか、イマイチ実感ないのですが、摂氏に換算して、43度らしい。そりゃ暑いわ。

舞台は、雨が降らず110度の日照りが続くテキサスの街。主人公リジーは、勉強や家事はバッチリできるけど、不器量なために20代後半になっても嫁のもらい手がいない、心の乾いた女性。

多くの古典作品を見るときに共通して言えることで、この作品も例外にもれず、「古典である」ことを割り切って見なければいけない作品ですね。

独身女性が30過ぎてイキイキ輝いてるのが普通のこの時代に、ね。

しかも、たとえ一生独身だったところで、いいじゃない。周囲の登場人物、大きなお世話ですね~

話の最後にリジーと結ばれる街の保安官、ファイルはバツイチなんだけど、自称「男ヤモメ」。それを暴こうとする、リジーの父&兄も、これまた下世話。いいじゃない、本人がそういうなら、そういうことにしとけば。しかも、バツイチだったところで恥じる要素何もないしね。

しかし、リジーが不器量だなんて、説明されなければ分らなかった~ B'wayのAudraなんて、不器量どころかスーパースターだし、今回の女優さんも美人でしたからね。

この舞台を、キャストも裏方も学生さんたちで作ったのは、凄いですね。もちろん指導者にプロはいたでしょうけど。一番印象に残ったのは、スニーキー(リジーの弟の彼女)役の女優さん。歌って踊って、演技ができる。ミュージカルなんだから当たり前という人もいるでしょうが、私の感触だと、日本のミュージカル役者は、歌か芝居かダンスか、どれかがひとつ能力あって、他の要素はプロになってからがんばるってな感じなので、学生さんのうちにこの3要素が一定レベルまで出来上がってる人がいたんだ、ってことに感心。将来楽しみですね。卒業後、名前出てくるかな。

カーテンコール、裏方で頑張った学生さんたちまで出てきての大団円。みんなが、「やり遂げた~」って感じの満面の笑みで、それを人数分掛算したボリューム感はものすごかった。好印象でした。
[PR]

by UKaye | 2008-08-03 21:50 | Musical | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 たばこ税の話のつづき  semスキン用のアイコン02

2008年 08月 03日

ページの下のほうに隠すようにさり気に「たばこ1000円、反対」の記事を書いていたら、コメントをいただけたので調子に乗って、続きを。

世論調査では、賛成が反対を上回るようですね。

賛成してる人たちには、まず、煙草から取るかどうか以前の問題として、「増税」そのものに賛成なのか訊きたい。

税金は現在でも適正に使用されていて、そして必要な支出は現在の税収入では賄えないから賛成なんですか?

税金の使い方には問題があることはわかるけど、喫煙者が負担する分はどうでもいい、という考えですか?

前者の前提はあり得ないんだけど、お遊びで、仮定した上でたばこ税の徴収が正しいか考えてみましょうか。賛成する人の理由としてあげられるのが

・ 喫煙者は受動喫煙に対する加害者だから、被害に対し負担するべき
・ ニュージーランドは1000円である

上は、受動喫煙が健康を害するのであれば、まずは、受動喫煙しないような環境を整備するべきではないか。路上喫煙は法律で禁止し、厳罰に処す。飲食店は、店頭に「全面禁煙」か、「喫煙部屋を設ける」のか、「全面喫煙可だから、煙草嫌いな人は入店しないで下さい」と意志を示すか、とにかく店頭に分かるようにSmoking Plicyを明示する。するべきことはこういったことでしょう。「受動喫煙に対する補償としての税」なのであれば、税金を払うことによって現在の喫煙者の、受動喫煙を引き起こす煙草の吸い方を国家が容認することを意味し、それこそ嫌煙者にとって許し難いはず。そして、ルールを守って喫煙エリアだけで吸ってる人からは、受動喫煙の補償を求めるのはおかしいですね。

下については、この事実だけ取り上げて議論するべきでないでしょう。国によって、いろんな税の対象があって、税率に高い低いがあります。品目ごとに都合よく税率の高い国の例をあげ、日本もそれに倣えとばかりに提唱するのは、おかしくありません?
そして、煙草を1000円で販売しているニュージーランドは、ほかの品目の税率はどうなのか?徴収した税金は正しく使っている国なのか?無駄遣いしていない国なら、日本もまず、無駄使いしないことから真似するべきでは。ニュージーランドも税金無駄遣い大国だったとしたら、真似をするのは論外ですね。

ということで、それでもタバコ増税が正しいと考える方、いらっしゃいますか?

繰り返しますが、私は嫌煙家です。
[PR]

by UKaye | 2008-08-03 19:07 | Opinion | Comments(1)