U.Kaye Presents いつか、New Orleans

パソコンを買い換えました。今まではノートだったのですが、デスクトップに。でもって、自分のパソコンから見やすいようにスキン改造。 皆さんのPCからは、見心地悪くなったりしてませんでしょうか? そうでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ニューヨークに関すること、何でも
by UKaye

Mail to U.Kaye

ブログトップ | RSS | Commented

semスキン用のアイコン01 <   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧  semスキン用のアイコン02

semスキン用のアイコン01 健康あれこれ  semスキン用のアイコン02

2007年 03月 27日

西麻布飲み食いレポートが続き、しばらく更新途絶えたとおもったら、何この記事?ってな感じですが、事情は、XDカードのアダプタをなくして、写真のアップができないから(笑) そこで、只今花粉症のくせに今週日曜日にレース出るために、まいにち花粉浴び放題の自分が気になる健康のお話。

自分でゾッとするんだけど、花粉って、鼻水や目のかゆみだけで、人体に致命的な害はないものなのかな? 花粉じゃなくて、カビなんだけど、梅雨時期にカビが室内で繁殖して、人がカビ飛散した空気を吸い込むと、肺にカビが付着して、すると人体の免疫反応が働いて肺に炎症が起きる→肺の線維化が起きて、呼吸機能が低下する なんて話を聞いたことあるんだけど、量的に、そのカビの比じゃないくらい毎日花粉浴びてるよ、って、今日気づいた。こんな生活続けてると、肺が機能しなくなっちゃう???

健康ネタもうひとつ。今日、あるレストランに書いてあった、「豆」大絶賛の文。その一節
豆に含まれるイソフラボンは、構造が女性ホルモンと似ていることから、更年期障害の改善に期待が持てます
ま、期待は自由ですよ。「期待」って言葉使うことで、実際にそんな効果なくても責任は免れるわけですね。でもね。。。効果ないだけならいいですよ。それが、逆の効果になるとしたら、どうです?

女性ホルモンであるエストロゲンは、卵巣などの細胞内にある「レセプター」と結合して、その後いろんな作用を体内に働かせるわけです。女性ホルモンと構造が似ているということは、同じように「レセプター」にくっつきやすいことを意味します。そこでです。女性ホルモンに似ているイソフラボンが、「レセプター」にくっついたあと、全く女性ホルモンと同じ働きをしてくれるなら、それは素晴らしいでしょう。でも、くっついた後の働きが止まったら?本来、女性ホルモンとくっついてくれれば正常な働きをするレセプターを、イソフラボンが奪ってしまうことになり、要は、女性ホルモンの働きを妨害してしまうことになります。これはまずいですね。

で、実際どうなんだろうと、少しググってみたところ、女性ホルモンにはいろんな働きがあるんだけど、ある作用についてはイソフラボンでも同じ働きをしてくれて(アゴニスト作用)、別の作用については妨害してしまう(アンタゴニスト作用)ようです。なんだか微妙。こういうことだと、元々いろんな作用がバランスよく働いていた女性ホルモンの、バランスを崩すことにもつながりそうですね。

とにかく、健康情報を読んで過剰摂取なんてことを安易にしない方が無難ですね。
[PR]

by UKaye | 2007-03-27 21:45

semスキン用のアイコン01 西麻布「豚組」で、銘柄豚5点盛!  semスキン用のアイコン02

2007年 03月 13日

a0037729_23585498.jpg「ザ・プレミアム・モルツ」特別ツアーにブロガー限定でご招待!、昨日で応募が締め切られましたね。今頃選考中かな。単にランダムに抽選するのか、ブログ内容見て審査されるのか。。。当選者発表まで、緊張感を持ってビール記事続けます。 本日も、プレミアム・モルツを置いているお店ご紹介。今日は瓶です。瓶ビールもオツですな。その昔、サザエさんに登場する三河屋さんのように、ビールは酒屋が出前が常識だった頃は当たり前のように家庭に置いてあった瓶ビール。家庭ビールの主流が、「郊外のディスカウントストアに車で出かけてまとめ買い」になってから、消費者は容器の軽い缶へ流れてしまいましたが、瓶を眺めながらチビチビ飲むのが、ビールの味わい方のひとつですよね。

さて、この瓶のプレミアム・モルツを置いている、今日紹介するお店は・・・

とんかつの「豚組」一度は分かれた朝日通と夕日通りが、一瞬、中央分離帯で分けられた感じに再合流する地点にこのお店は建っています。結構、六本木通り近く。
a0037729_0164683.jpg
プレミアム・モルツが置いてある店というより、とにかく豚肉が美味しい大評判のお店ですよね。

お店の名物、豚組膳をいただくことに。3000円で、ブランド豚の5点盛です。
a0037729_024117.jpg
a0037729_0394832.jpg
a0037729_10499.jpgこの西麻布エリア、普通の食材でこの量で3000円かかっても、悪くないと思うのです。場所代も高いし、隠れ家的雰囲気だけあって回転率も稼げないだろうし。でもね、この店、そんなことに甘えてはいない。こんな贅沢な豚、西麻布でこの値段でいいの?埼玉でも許しちゃう、そういうパフォーマンスです。

↓本日のオールスターキャスト。ロースが3種にフィレが2種。コテコテ油大好きな自分は、ロース派。でも、もちろんフィレのサッパリした食感もGood。それぞれのカツで、塩、からしつきソース、ソースオンリーの3通りを味わう。それを5種類。あー、忙しい。塩もキレイな岩塩。

a0037729_0301391.jpgこれだけでお腹埋まる?と訊かれたら、私の体格の男じゃ、肉だけじゃ無理、と答えますが。。。
しかし、このお店、とんかつ屋の例外に漏れず、ご飯&キャベツのお替り自由、無料!しかもですよ、食べ放題食べられるご飯やキャベツの品質なんて、、、と思うなかれ。このお店、すべての食材にこだわってるんだから。茨城県の契約農家がつくる、こだわりのコシヒカリが、お替り無料。キャベツもね、甘み柔らかみたっぷり。お陰様で、ご飯を4杯食べることになりました。それまでの1週間の晩御飯ローカーボダイエット、台無し。。。美味しさには勝てません(笑)

メニューにはご飯、キャベツしかお替り自由を謳ってないんだけど、結局のところ、味噌汁も無料!! 赤だしが濃く効いてて、何杯でもお替りしたくなる、とても美味しい味噌汁。トンカツ屋で味噌汁がお替り自由になるかどうかは、お店によって分かれるところですね。味噌汁を対象外にしたくなる気持ちもわかります。だって、許したらご飯と味噌汁だけで延々と何杯でもお替りし続けるもん。コストも圧迫、回転率にも支障。でも、この豚組さん、心置きなく食べて、という心意気。嬉しいですねぇ。

とんかつ屋のキャベツ、私はドレッシングで食べる派でした。もち、ドレッシング置いてればなんだけど。ドレッシング、老舗や、街の小さなトンカツ屋には置いてなくて、ソースで食えとの無言のメッセージがありますよね。なので、そんなトンカツ屋より、むしろファミレス感覚のチェーン店をトンカツの主戦場にしていた私。でもね、、、ドレッシングを求めることが野暮だってことが、この日分かりました。だって、キャベツそのものがとっても美味しくて、ドレッシングの味に邪魔されてたまるか、って感じなんだもん。ソースでさえ野暮。塩でいただきましたよ。さっき言った、こだわりの岩塩で。最初、こんなにトンカツが美味しかったのに、途中からはトンカツ屋さんであること忘れて、美味しいご飯とキャベツの店としてフル活用させていただきました。

a0037729_0534310.jpgこのお店、お通し、チャージ、サービス料は取らないので、お会計は、注文した品の値段の合計でOK。でもね、お通し代は取らないけど、こうしてお通しは下さいます。

あと、ご飯と味噌汁お替りして、おしんこが切れてしまったら、即座に追加してくださいます。ホント、お値段以上の満足感が得られるお店です。

ここ数日、西麻布の、交差点を中心としたときの北西エリアを紹介してきましたが、このお店がこのエリアの盟主だと私は思います。西麻布でご飯なら、まずは豚組へいらっしゃい。その後は、何軒かあるバーのお好きなところへ。
[PR]

by UKaye | 2007-03-13 00:55 | Foods

semスキン用のアイコン01 西麻布「イマドキ」で、モツ鍋一人で二人前  semスキン用のアイコン02

2007年 03月 09日

a0037729_23423896.jpgサントリーさんのブロガー限定、「ザ・プレミアム・モルツ」特別ツアーは、明後日が申し込みの締め切りです。もうちょっとビール記事頑張ろう!

西麻布夕日通りは、一気に終点までやってきて、六本木通りにたどり着きます。すぐ左側は、かの有名な西麻布交差点。ほぼ同じ間隔を右側渋谷方面へちょいと進んだところに、このお店が建っています。

「イマドキ」。玖保キリコがオーナーかと勘違いしようなネーミング。
モツ鍋屋さんです。モツ鍋屋のモツ鍋って、これが初めて。池袋の「帝王ふるさと」や、恵比寿の「蟻月」など、雑誌で取り上げられる有名店もいつか訪れたいけど、デビューはこのお店を選びました。

敷居が高そうに見えるけど、表にメニューが掲げられていて、モツ鍋一人前980円とあります。そりゃもう、自然に足が店に入るというものです。

a0037729_051687.jpg見て、サントリーさん、今日のビール。プレミアム・モルツですよっ!もちろん、とっても美味しかったです。家で飲む缶ビールのプレミアム・モルツも充分美味しいんだけど、お店で飲むタップでのプレミアム・モルツの味、のど越しといったら、そりゃもう筆舌に尽くしがたい。世界の色んなビールを飲み歩いている私、一番美味しいと感じたのは、日本の、サントリーが生み出した、プレミアム・モルツです。

しかーし、私の写真、失礼ですね。プレミアム・モルツのラベルが横になっちゃって。飲んでから気づきました。なので、ちょっと汚い写真ですが、飲みかけグラスの正面写真も。

a0037729_0125845.jpg
さて、メインのモツ鍋に。
種類が、白、赤、金とあるとのこと。白はおなじみのモツ鍋らしくて、赤はオリジナルの辛い系らしい。今日の気分で、赤を選択。
a0037729_0183653.jpg
オーダーはお二人前からお願いしますだとさ。いいよ、一人で二人分頼むから。ハイよろしくね。

簡単に平らげちゃいました。buhikonさんの記事にも書いてあったけど、モツ鍋屋で一人で二人前食べるの、普通みたい。

a0037729_0261446.jpga0037729_0252872.jpg仕上げは、うどんが本場福岡人のやり方みたいだけど、ご飯が好きなので、雑炊でいただき!

この鍋の味、簡単に言うと、「ダシ濃厚で美味しい」です。他の店のモツ鍋を知らないけど、これがモツ鍋というものなのかな?スープは自己主張せずに、具、特にモツそのものの美味しさで勝負する方法もあるでしょうけど。でも、ダシのお陰で、具をほとんど食べちゃったあとの雑炊が美味しいんだし、やっぱモツ鍋はダシかな?他の店のを味わって比べたい。そして、この店の白と金もいつか。

先日、花粉症の治療に行った耳鼻咽喉科の待合室で読んだ「おとなの週末」モツ鍋ランキング。この店は全然圏外。ランキングされた「帝王ふるさと」「蟻月」はもっと美味しいのかな?それとも、あまり広くは知られていないこの「イマドキ」の美味しさを堪能できた自分は幸せなのか?とにかく、自分の舌で判断すべし!
[PR]

by UKaye | 2007-03-09 23:45 | Foods

semスキン用のアイコン01 西麻布のバー「衆縁」で、ビールとおつまみ  semスキン用のアイコン02

2007年 03月 09日

a0037729_23133740.jpg年始に訪問したニューヨークの記事も、まだネタは残っているのですが、サントリーさんにビール工場見学願掛けするため、ビール記事優先です。いっそのこと、ブロタイを「U.Kayeの、ビール大好きっ!」に変えたいくらい。でも、ニューオリンズ復興を願ったタイトルは、訪問実現まで変えられません。ニューヨーク滞在中だけ、一時変更だけど、それはブロタイがニューヨークだった頃からの慣習なので、許してネ

前々記事、前記事に続き、西麻布の夕日通り、別名サンクス通りのお店シリーズ。さらにもうちょい、表参道に背を向け、夕日通りを西麻布交差点方面に進みますと、右手に見えるのがこのお店、衆縁。

民家サイズの心地よい空間。2階建てに見えるでしょ?実は、1階らしき部分は、地下。この裏にもお店の入り口があって、そちらでは下階は完全に地下に埋もれています。

a0037729_23394249.jpg地下の玄関を入ると、さらにこんな入り口が。何を意味するか、わかります?普通に立った私の目線からの撮影です。そう、扉が、腰の位置までしかない。くぐって入らなくてはいけないのです。不思議な空間。

普通のお店で食べ物の撮影許可を求めると、想定外の質問らしく、一瞬「何訊いてるんだろう?」ってな表情されるのが常ですが(それでも、一息おいて、お許しいただくこと多数。ありがたいことです)、このお店のお兄さんは間髪いれず、「どうぞどうぞ、よろしかったら店内もご自由に」
ブロガーに嬉しいお店です。ブロガー慣れしてるのかな、ここは。お言葉に甘えて、こうしてお店の風景も撮らせていただきました。


a0037729_2338191.jpg店内から、窓越しに見る夕日通り。
窓の手前にテーブルが見えますが、これ、ちゃぶ台なんです。星一徹が来店したら、ひっくり返しちゃうよ(お約束)。私もちゃぶ台で、ビールとおつまみをいただきました。

a0037729_23503224.jpgベルギービールが置いてあったので、オーバルをいただき。泡の形まで計算して注いでるのかな、何か狙ってる形ですね。アルコール、ちょいと濃い目です。

a0037729_0114592.jpgおつまみその1、どんぐりチップ。ポップコーン感覚で、揚げたてアツアツのうちに。

下は、おつまみその2。エビの揚げ春巻。ベトナムとかタイとかの、こういうちょっとした小皿、得意みたい。

手ぶれ写真ですみません。今度買ったカメラ、望遠&近接&高感度って機能に着目して選んだんだけど、そうしたら、手ぶれ補正は諦めざるを得なかったんです。大事な機能かも。でも、手ブレをしないような写真の腕になるよう、頑張ります。
a0037729_016597.jpg
a0037729_0213658.jpgビールをもう1杯。ベルギービールで、日本で樽で飲める最もメジャーな銘柄、ヒューガルデン。これの、ミニサイズがあったので、お試し。私の手と比べて、大きさを実感してください。決して、ジャイアント馬場さんの手ではありません。


そろそろ満足したので、引き上げようと思ったら。。。
a0037729_026477.jpg
和菓子のデザートが給仕されました。

このお店、お通しじゃなくて、最後にこのお貸し差し出すのがシステムみたい。酒も飲めばデザートも食べるシリーズ、西麻布で3つ続きました。
[PR]

by UKaye | 2007-03-09 00:27 | Foods

semスキン用のアイコン01 西麻布「プエルト・バヌース」で生肉2つ  semスキン用のアイコン02

2007年 03月 07日

a0037729_2135361.jpg私、サントリーさんの「ザ・プレミアム・モルツ」特別ツアー、ブロガー限定ご招待に現在応募しています。限定15組なので、相当な狭き門でしょうね。しかも、やはりこのイベント、宣伝が目的にあるから、アクセス数多い人気ブロガーじゃないと当選しないんじゃないかという心配もありますが、ま、ダメもとで。

最近私の記事がビールネタ多いのは、当選のための願掛け。サントリーさんのばっかり飲んでるわけじゃないけど、いろいろ飲み歩いた結果サントリー、プレミアムモルツが美味しいよ、って結論が待ってるんだから、いいじゃない。

ちなみに写真のビールは、エビスです。お店にサントリーさんのビールが置いてあれば、もちろんそれを選択するのですが、今日紹介するお店には置いてなくて残念。
a0037729_21442295.jpg前記事で紹介したHALE海'sの斜め向かいにコンビニエンスストア、サンクスが見えます。このサンクスにはアーケードがありまして、そこを奥に進むと、佐賀牛の焼肉屋さん、プエルト・バヌースのサインが見えます。実際は、サンクスの地下にあるといっていいでしょうね。HALE海'sにしろプエルト・バヌースにしろ、ここ西麻布夕日通りのお店は、あまり通行人に自己主張せず、隠れ家のように存在します。その代わり目立っているのがサンクス。なので、この通りをサンクス通りと呼ぶ人もいるそうです。

a0037729_2152457.jpgビールに合うおつまみ、レバ刺し。大好物です。私はブロガーの心得が足りないようで、うっかり写真撮る前に、食い意地が先行してしまいました。2枚残ったところで間一髪で気づいて収めた1枚。

いいお店は、生肉&生モツが美味しいはず。このお店も、期待に違わぬ美味しさです。

続いて、生ユッケもいただくことに。

a0037729_2159488.jpgホントは、ユッケじゃなくて、牛肉そのもの、牛刺しを食べたかったんだけど、予算の都合で断念。単純に肉だけより、その他のもので味付けしてる方が安く済むみたい。

旨いのは確かだけど、味音痴なので、肉に何をまぶしてるのか分からなかった。普通は、ゴマ油とネギと松の実らしいですね。

でもね、とにかく、卵黄含めていろんな具材で絶妙なハーモニー。いいね、佐賀牛。

今日の食べ物は、以上。そんなにお腹は埋まらなかったけど、オージービーフならともかく、和牛腹いっぱい食べたらどんな出費になるか考えると、ここで止めときますってな感じで。

でも、ご飯物がしっかりメニューにあるので、お手ごろな値段でお腹埋めたいなら、「石焼ビビンバ」「カルビクッパ」なんかとるのがいいのでしょう。だけどジェニー、あばよジェニー、それが酒飲みには、できないのだよ~by 沢田研二、「サムライ」からパクリ。若い人、知らないだろうな~。知ってる人、黙って通り過ぎるの禁止!コメ残すこと!!(笑)

a0037729_0425031.jpg(追記)
おっと、忘れるところだった、大事なデザート。右の写真は、「黒ごまとココナッツミルクのぜんざい」。白玉だんごを、ココナッツミルクの海に浮かべるなんて、センスいい。もちろん、味もよし。タピオカもほどよく混ざってて、歯ごたえにいいアクセント。
[PR]

by UKaye | 2007-03-07 22:01 | Foods

semスキン用のアイコン01 西麻布「HALE海's」で、夜まったり  semスキン用のアイコン02

2007年 03月 04日

a0037729_23393745.jpg西麻布に戻ります。
表参道の終点は、あの表参道交差点なんでしょうか。でも、道はそこからまだ延びて、赤坂に向かいますよね。そんで、根津美術館のある南青山4丁目交差点で、道なりは左へ曲がっていくのですが、まっすぐ進む道も細く残されていて、六本木へ抜ける道に利用されます。細道はやがて二股、朝日通りと夕日通りに分かれますが、その辺が西麻布の始まり。始まって間もないところ、朝日通(表参道から進行方向に、左側)の側に、このお店が立っています。

ジャンルは、レストランですが、バーカウンターがついていて、一人でもフラッと入りやすかった。

お店の名前の由来、何だったんでしょうね。訊くの忘れちゃった。再訪するときの宿題です。

テーブル席は、少ないけど常に満席といった状態。さらに、店員さんの電話の応対聞いてると、予約と思えるコールがひっきりなし。人気店なんですね。ぐるなびとか露出してないけど、知ってる人は知ってるもんで。

a0037729_23544956.jpga0037729_23575785.jpg
お決まり、ビールからスタート。ピンボケました。最近、ついにISO1600レベルのカメラを買い、フラッシュなしの自然な色合いの写真を、以前よりは撮れるようになりましたが、高感度でもさすがにこんだけ暗いと、手ぶれの影響もろウケ。撮影法、改善が必要です。右は、お通しに出たポトフ。ポトフって、野菜茹でただけで、どこが美味しいの?というのが、それまでの人生での私の偏見。でも、それは見事に覆されることに。こんなにブイヨンが効いてる美味しい料理なんだ。。。

メインの料理行きます。ここからは、全幅写真で。

金目鯛のカルパッチョ
a0037729_052354.jpg
チーズとろーりなマッシュポテト
a0037729_055646.jpg
食事は以上2品だけでしたが、やはりここは西麻布。料金も西麻布でした。美味しいし、だからこそ、いろんなお皿をガツガツ行きたくなっちゃうんだけど。。。空腹でこの店を訪れるのは、危険です。お腹はマックで埋めて、バーとして食後の夜をゆっくり過ごすのにいい店。

最後に、この店で自分が一番オススメする品。スフレ。
a0037729_06259.jpg
チョコとアイスが別々に出てきて、チョコはアツアツ。グラタンのように、器熱いのでお気をつけ下さいの注意付で配膳されます。もちろん、アイスは冷え冷え。まずは、それぞれを単独で食べる。スフレ、美味しすぎ。チョコそのものも美味しいし、絶妙なバランスで、ところどころにクルミ配合。クルミの味といい歯ざわりといい。もちろん、アイス単独も美味しいし、そしてついに、スフレにあいす載せ!一品で3度美味しい。これ食べるためだけにここ訪れるの、いいかも。
[PR]

by UKaye | 2007-03-04 00:16 | Foods