U.Kaye Presents いつか、New Orleans

パソコンを買い換えました。今まではノートだったのですが、デスクトップに。でもって、自分のパソコンから見やすいようにスキン改造。 皆さんのPCからは、見心地悪くなったりしてませんでしょうか? そうでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ニューヨークに関すること、何でも
by UKaye

Mail to U.Kaye

ブログトップ | RSS | Commented

semスキン用のアイコン01 <   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧  semスキン用のアイコン02

semスキン用のアイコン01 FAGE完食!  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 30日

はちみつ、いちご、チェリーを計25個、ニューヨークから持ち帰ったFAGEですが、本日完食しました。

一人で25個食べたわけじゃないですよ。

賞味期限は、5月30日でしたが、何か、3日前から、ほのかに酸味が漂っていました。この長い賞味期限、明らかに設定基準が日本と違うんでしょうね。「製造時とほとんどかわらないテイストで食べられる」のが日本の賞味期限で、アメリカのは「食べても腹壊さない、きっとこの日に食べても訴訟は起きないだろう」くらいの根拠なんじゃないですか?そういえば、日本って「賞味期限」のほかに、「消費期限」「品質保持期限」なんてあって、このFAGEの"USE by"っていうのが日本で言うどっちか別のものに当たる可能性もありますね。どうなんだか。

最後に、FAGEを取り上げてくださいました「日刊エキブロ新聞」さま、ご紹介くださったsabretoothさん、ありがとうございました。
[PR]

by UKaye | 2006-05-30 21:11 | Foods

semスキン用のアイコン01 NYCのライス・プディング  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 29日

これまた、甘くないニューヨーク・スイーツに出会いました。ホント、日本のお菓子並みに上品で甘さ控えめです。こんな店、どんどんできてきてるんだろうか。
a0037729_022815.jpg
器がお洒落なので、お持ち帰り。
"Pudding"っていうのは、日本のプリンとはちょいとちがう、こんなドロドロした食べ物なんですね。でも、美味しかった。でも、これで5ドルだからなぁ、美味しくないと怒るかな。
お店はココ、Rice To Riches。ここはノリータ地区ですね。
住所が37 Spring Street
between Mott and Mulberry St。
a0037729_054347.jpg

[PR]

by UKaye | 2006-05-29 00:06 | Foods

semスキン用のアイコン01 今年もハ・ズ・レ NYCマラソン  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 23日

ニューヨークシティマラソンのエントリー、結果が通知されてきました。こんな感じのメールをもらえるんですねぇ。

やっぱりダメね。狭き門でした。でも、まだ国際ツアー枠があるからそこから参加しな、ってなことも、この通知に書いてあるんですね。そして。。。赤字に注目!3度外れた人は、2007年は無条件参加権あり!来年は、バカ高いツアー代払わなくて、出走料だけで参加できるってか?2004年から3回外してますからね。ちょっと、メールで問い合わせてチェックしてみよ。気がかりなのは、前と住所が変わってたり、クレジットの番号も変えてること。同一人物とみなしてくれるかが問題。さて。




Entry number: XXXXX

Dear U.Kaye:

Thank you again for applying for the ING New York City Marathon 2006. Unfortunately, you were not selected in the random international lottery drawing. Please understand that we have to limit the size of the field to ensure a top-quality experience--and I hope you get to experience it yourself one day!

In fact, you might even be able to enter the race this year, since there are some guaranteed entries reserved for international tour groups. If you are interested in traveling with a group, click here for tour operator contact information.

I hope you will still visit New York, whether in November or at another time. We host races in New York City almost every weekend. This summer we are introducing a brand new event, the New York City Half-Marathon on Sunday, August 27, 2006. Starting in beautiful Central Park, passing through Times Square, and continuing along the waterfront to a finish in Lower Manhattan, this race will attract runners from around the world; sign up on June 21. For complete information about all New York Road Runners races, as well as membership and other programs, click here.

Finally, I encourage you to apply for the ING New York City Marathon 2007. Did you know that if you applied and were denied three years in a row, you are eligible for guaranteed entry the fourth year? (If this is your third consecutive denial, you may already be guaranteed for the 2007 race! E-mail your name, date of birth, and a short note and weテヘl check our records and get back to you.)


Thank you so much for your interest in the ING New York City Marathon. I wish you a summer of healthy and gratifying running.

Sincerely,


Mary Wittenberg
President and CEO, New York Road Runners
Race Director, ING New York City Marathon


 







[PR]

by UKaye | 2006-05-23 20:05 | Marathon

semスキン用のアイコン01 足立区鹿浜、スタミナ苑でモツ三昧  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 22日

久しぶりに1日中晴れた日曜の夕方、なにやら有名なモツ焼屋さん、スタミナ苑に行ってまいりました。東武伊勢崎線西新井駅から環状7号線を歩くこと3キロ。タクシー?そんなもの、肉代に回すわっ!ついた頃には疲れも手伝って、腹ペコだったんだけど、行列が。。。
a0037729_22232038.jpg
ホント、下町庶民の住宅街の中に普通にある、近所のおっさん達が集まる店って感じなんですけど、駐車場も完備で、わざわざ遠くから駆けつける人たちで行列ができてるんですね。
a0037729_22274581.jpg
この日の待ちは1時間くらいかな。いざ、試合開始!
さて私は、上品な肉には手をつけず、内臓専門!値段的にはこれが最高級ですね、ハラミ。なんか、脂が霜降りっぽく載ってません?ワクワクしますねぇ。
a0037729_229198.jpg
焼いた感じはこんな。ピンボケ御免。
a0037729_2282410.jpg
ミノです。モツのスタンダード。
a0037729_2211154.jpg
この日のクライマックスは、レバー(英語でliver。ドイツ語だと何故か"L"が"R"に代わってレバーになるみたい←スペル書けない)。で、このレバー、他のメニューと違って、「あぶりレバ塩」と表示されています。なんで、「あぶり」って書く必要があるの?表面だけ炙ればいいってこと?うーーん、そしてメニューを見ると、「刺身用のレバー使用」って書いてあるじゃん。でも、メニューとしてレバ刺しは置いてない。怪しいから店員さんを問い詰めた。すると、「保健所の指導で刺身はお出しできないんですけど・・・」。ああ、要は、炙りって書いておけば、火を通して食べることを進めてるんだから、仮にああいうことになっても、店に責任はないと。ああいうって、分かりますよね。要は、炙るどころか、自己責任で、
ナ・マ・で・食・べ・ること。
明日、俺の腹、どうなってるんだろう。。。でも、フグの肝のように、死ぬかもしれない冒険はしないけど、このくらいじゃ死にやしない、それより、美味しさ優先。
a0037729_22411430.jpg
まろやか~!とろける~~~っ!!!
♪Moon "L"iver~ Wider Than A Mile~ (「ティファニーで朝食を」ならぬ、「スタミナ苑で夕食を」)
分かりました、さっき何でレバーを説明したか? はい、完全オヤジギャグです。
さらにどうでもいいけど、昔、ビートルズの出身地リバプールって、日本の水郷やジェノバみたいな街で"RiverPool"なんだと思っていたら、「肝臓溜」"LiverPool"なんですね。

ちなみに本日、お腹の調子は絶好調です。

その後、ギアラ、タンと続きます。
a0037729_22103642.jpg
ミノが牛の第1胃なのに対し、ギアラは第4胃とのこと。ミノがこりこりしているのに対し、ギアラは柔らか、そして脂が載って、味がマイルド。これまたいい食材だ。出会えてよかった。
a0037729_22102023.jpg
この店はリピートしたい。でも、駅から遠くて一緒に行く相棒を探せない。

帰りは、来た道をさらに2キロ歩いて進んで、東京メトロ南北線王子神谷駅から地下鉄で帰ったのであった。
[PR]

by UKaye | 2006-05-22 22:14 | Foods

semスキン用のアイコン01 日本でFAGEを食べる日曜の昼下  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 16日

そして、FAGEを食べるオフ会です。
a0037729_21565588.jpg
会場は、天王洲アイルのシーフォートスクエア。屋外でFAGEを嗜むつもりなんだけど、雨だったらすぐに屋内企画に変えられるよう、どっちも可の場所として選びました。お台場でもいいんでしょうけどね、あそこはコミコミですし。天王洲、いつのまにか寂しくなっちゃいましたねぇ。バブルの頃が懐かしい。

お招きしたのは、aradasさんaiaiさん

このFAGE、あるときから私がひたすら騒いでいますが、エキブロ界で最初に紹介されたのは、2004年8月28日のpinkyさんのこの記事。今一度チェックしてみますと。。。aradasさん、しっかり最初から絡んでますねぇ。しかも、記事本文に名前が登場じゃないですか。そりゃ、随分待ち焦がれたことでしょう。あれからもう、1年9か月ですか。ちなみにこの記事には、やがて2カ月半後に初めて食べつけることになる、当時は未体験の私もコメントしてますね。何だか、そのときから既に、日本に持ち込むことを企んでいたらしい。
前回持ち込んだときには、残念ながらaradasさんは、まだアトランタ在住。FAGE第二の本場ニューヨークと同じアメリカにいながら、日本で食う私を恨めしそうに眺めていたような(誇張)。ニューヨーク以外のアメリカでは、私も見かけたことはありませんねぇ。宿があるニュージャージーとか、旅先のDCとかで探しはしたのですが。Whole Foodsは全米チェーンだら、この店がある都市では見つかるんじゃないかと期待はしていますが。時は流れ、aradasさん、日本へ帰国。私もタイミングよく、転勤で東京へやって参りまして、あの頃には信じられなかった、気軽にOFF会できる地理関係に。じゃあここで、持ってきますか、ということで、クーラーボックス持参でちょいとニューヨークへ。
a0037729_2371320.jpg
aradasさんにお会いするのは2度目で、前回はaradasさんコーディネートでgreen_doriさん結婚お祝い。あのときもとても楽しい時間を過ごさせていただきましたが、今回は幹事返しということになりましょうか。初めてお会いしたときに思ったことは、全然初対面の印象がしないということ。なんか、昔からの友達であるかのように、別に自己紹介なんかしなくてもすんなりと入っていった、って感じで。波長が合うのかな~(って、嫌がってたりして)。なんで、これからもお気軽によろしくお願いします。

そして、このFAGE、是非この人のブログに載せたい、いや、それ以前にお会いしたい、と思ってお声を掛けさせていただいたのが、じぶん日記のaiaiさん。美しいブログですよねぇ。食べ物は美味しそう、ビーズはチャーミング。キメ細かいレポート。ひとりひとりのコメントに対して、気配りの行き届いたレスコメント。これらから、知識と礼儀正しさと茶目っ気を兼ね備えた素敵な方だろうと想像、いや確信しておりました。事実その通り。


お二方にお会いしている間は、とても楽しく、時間はいとも早く過ぎて行きましたねぇ。私はFAGE以外に話のタネを提供できませんでしたが、お二人の話を聞いているだけで楽しかった。ビーズを生で見られて、この手で重さも確認できて、感激。帰るときは本当に名残惜しかったです。FAGE持ち帰りの苦労は報われてさらにお釣が余りに余る楽しさでした。
ちなみに、私が一部で「行動派」と呼ばれている「行動」の内容は、「しょっちゅう休暇をとること」「しょっちゅうニューヨークへ行くこと」「FAGEを持ち帰ること」でありまして、最後の部分に多少の根性がいるとしても、能力が必要な行動は何もありません。それに比べ、すぐに思いつくだけでもaradasさんでは例のgreen_doriさんへのプレゼントとか、aiaiさんはビーズにコーラスに、そしてお二方とも多くのゲストをひきつけるブログ作り、脱帽です。そういう良質ブログで美味しいと褒めていただいて、FAGEもさぞかし幸せでしょう。

最後に、お二方とも本当にありがとうございました。これからもブログ付き合いよろしくお願いいたします。

[追記]5/17
aiaiさんは、マイスプーンを持参でいらっしゃいました。木製の可愛いスプーンです。写真がなくて残念。
FAGEのためのスプーンとして、私はハーゲンダッツ用のスプーンを持ってきました。アイス1個だけ買って、スプーンは3ついただき。我が家の冷蔵庫でFAGEの在庫がはけないうちに、ハーゲンダッツまで食わなきゃあかんのか、と私の場合はスイーツ過剰を警戒しましたが、女性陣お二人は、FAGEのあとに普通にクレープまで食べる。そういうものなんですね。ご飯を我慢しても甘いものを食べちゃうのかな?
[PR]

by UKaye | 2006-05-16 22:09 | Foods

semスキン用のアイコン01 FAGE、日本に再上陸  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 16日

a0037729_2342231.jpgこの記事でのクーラーBOXの中身、それはもちろん、ギリシャヨーグルトFAGE。日本で史上2度目の上陸になりました。って、私の知ってる限りではこのときが初めてなんですけど、それ以前に来てたぞ、という貴重な情報をお持ちの方は、是非ご一報ください。

え、あの時以来、1年半ぶりなの?しょっちゅうニューヨーク行くのに、その度に毎回持ってきてたんじゃないの?って思ってた人、手ぇ挙げてっ!

だって、一人旅で、スーツケースの他にバックパック持って、さらにクーラーボックスですよ。そんなに根性続きません。もちろん、持ち帰らないときも、現地でしっかり食べてますけどね。

今回は、日本のブロガーさんに味わっていただきたい、との思いから、再び腰を上げて、というよりクーラーボックスを担ぎ上げて、ニューヨークへ飛び立ったのでありました。

それにしても、前回より関門が厳しかったです。まず、米国入国。税関で目をつけられる。前回がたまたまラッキーだったんだろうか。

"Why do you bring a cooler?"と尋問され、別室へ。やっぱ、怪しいか。新幹線で釣に行くなら自然なのにね、ちょっと距離伸ばしただけじゃん、っての通用しないのかな。細菌兵器持ち込むんだったら、クーラーよりは温かい方の恒温槽でしょ。どうみても善良な市民だからさっさと通してくれ、と願うが、英語に出来ず。とりあえず、"I wanna take American yogurt into Japan"とだけ言う。すると担当官は、"Yogurt?"なんか、発音にびっくりした。これ、英語では"ヨガート"と発音するものだと思っていたが、彼は"ヨーグルト"と言った。ヨーグルトで通っているのか。それともスパニッシュだったのかな?そんなこと考えている間に、荷物を徹底的に調べ上げられた。あのさあ、ここはデトロイトで、今から乗継いでニューヨーク行かなきゃいけないんだけど。検査のせいで乗継便のがしたら、あんたが飛行機代立て替えてくれるの?絶対そんなことしないよな、この国。まあ、隅々まで調べられた結果、潔白が証明され、無事に乗継便に間に合うよう解放されました。

そして帰国時。行きはカラ箱だから、預かり荷物にしていいけど、帰りは大事なヨーグルトが入っているので、当然機内持ち込み。乗務員や他の乗客からもヘンな目で見られてる。それに、乗継の国内便、ジャンボじゃないから、荷物棚も小さい。クーラーは完全に横に倒さないと入らない。中には氷も入ってるから、融けた水が滲み出てくるぞ~。お願いだから、デトロイトまでの2時間は、氷解けずにネバってくれ・・・、とひたすら願う。デトロイト到着時は・・・わずかに滲み出ていました。でも何とか、隣の荷物に迷惑かけなくてセーフ。びしょびしょに濡れてたら、どうなってたんでしょうね。あの国のことだから、訴訟されたりもするのかな?これからは、直行便の時にしか持ち帰りません。今度は逆に、意外な喜び。前回は、わずかに傾けなければ荷物棚に載せられなかったクーラー、完全に立てて入りました。ラッキー。これ、これからの飛行機の最低条件。これからは、飛行機の機種を気にして便選ばなきゃね。

日本の税関では、「それ何ですか」と訊かれたけど、ヨーグルトですと答えたら、それまで。無事に日本上陸を果たしました。クーラーに対しては、日本の方が厳しくあるべきなのに。だって、もしかしたら米国産牛肉でもねぇ(←牛刺しかな?)。

こうして持ち込んだFAGEは、日本の二人のブロガーさんに食べていただこうと決めました。私は常に美味しいを連発していましたが、本当にそうか、ニューヨーク好きの贔屓目なのか。日本の美味しいデザートを食べ慣れていらっしゃる方の評価は果たしていかに。

さて、このブロガーさんとは。。。ていうか、もうアップされてますし、前記事にトラックバックも貼られてますので、内緒にする意味はないのですが。ただ単に、私の記事更新数をセコく稼ぐために、発表はまた明日以降。
[PR]

by UKaye | 2006-05-16 00:25 | Foods

semスキン用のアイコン01 Dirty Rotten Scoundrels @ Imperial Theatre 5.3  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 11日

a0037729_63425.jpg

写真は昨年の記事の使いまわし。

伝説の男優Jonathan Pryceと、Dessa Roseで高く評価されたRachel Yorkを見たくて、この作品再見。

Jonathan Pryce、このオヤジ、存在自体が反則、カッコよすぎます。そんでもって、お前、演技してるのか?地でやってるんじゃないか?っていうくらい自然体。まあ、地そのものに充分オーラがあるんでしょうが。オリジナルのJohn Lithgowだと、胡散臭い詐欺師って雰囲気を醸し出していたけど、Jonathan Pryceは、全然詐欺色のない紳士。リアルな世界では、その方が全然「詐欺」なんでしょうし、この男、客まで騙そうとしてるか?って思いましたね。彼の「ミス・サイゴン」でのエンジニア役、観たかったものです。その頃からミュージカルファンやってなくて残念。DirtyのLawrence役のように、ナチュラルな振る舞いでそのまま存在感出してたのとはちょっと違うでしょうが、きっとものすごいオーラ発してたんだろうなぁ。

Rachel YorkのChristine役、猫被ってるときの可愛い役ではとても嵌ってて、ジャッカルになってしまってからは、まあまあかな、と。個人的な評価で総合点で、わずかにSherie Rene Scottを上回ったかな、という感じです。

とにもかくにも、演出を変えずに、キャスト替えで作品の印象がよくなるなんて、初体験。こんなこともあるんですね。
[PR]

by UKaye | 2006-05-11 21:51 | Broadway

semスキン用のアイコン01 円高の恩恵は受けず  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 09日

GWの後半、ニューヨーク、ロンドン市場では円高が加速していましたねぇ。
ニューヨークにいた私は、これでおいしいお買い物が・・・と思いきや、現地でいつキャッシュを引き出しても、1ドル118円台。そりゃそうだ、日本の金融市場は止まってるんだもん。海外市場だけ円高になっても、日本は5月2日の店頭レート、すなわち1日の市場相場がずっと反映されてたんですねぇ。なんか、とても損した気分。特に今回、ブロードウェイでは前売りをそんなに確保せず(売れ残りが予測される作品多かったから)、TKTSで調達ばかり考えていたんで、キャッシュが必要だったんですね(注:TKTSではクレジットカード受け付けず)。今日からは安くなってるんだろうなぁ、もう1週間滞在したいものだ。
[PR]

by UKaye | 2006-05-09 09:29 | New York Special

semスキン用のアイコン01 突破  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 08日

帰国しました、というよりは、、、日本の税関を無事に通過しました、といった方が適切かな。


今までの癖で、これから乗るバスを間違えないように。もう住まいは富士山麓ではない。
[PR]

by UKaye | 2006-05-08 17:56 | Foods

semスキン用のアイコン01 帰りますっ!  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 07日

ニューヨークへ来て、10泊もして、全然観光しない身になってしまった。。。

DCは、朝手配したタクシーが来ないというトラブルにて、さっさと諦めてしまいました。ホテルキャンセルできたし、ショーは何もブッキングしてなかったから。そんでもって、宿主さんの暖かいご配慮で、どうせ空き室で手入れするつもりもなかった部屋をそのまま無償で使わせてくれるというので。お隣ニュージャージーに宿構えてるんで、流れのタクはつかまらないんですね。で、ニューアーク空港へ向かおうとしてたので、今更マンハッタン行って、ポートオーソリティやらペンステーション経由する時間もなかったし。。。

後半に見たショー、"Color Purple" "Dirty Rotten Scoundrels" "The Threepenny Opera" "Tarzan" "Wedding Singer"。最後がWedding Singerってのが、盛り下がっちゃったかな。映画のDVD観て、どういじってもショボくしかつくれないだろうな、と思っていたら、案の定。ある意味、ここまで期待通りにできた作品はない、ってな感じ。それでも劇場に足を運んでしまう悲しい性。

さて次は、9月にロンドン、10月にニューヨークをめざします。しばし、日本で。
[PR]

by UKaye | 2006-05-07 12:34 | New York Special