U.Kaye Presents いつか、New Orleans

パソコンを買い換えました。今まではノートだったのですが、デスクトップに。でもって、自分のパソコンから見やすいようにスキン改造。 皆さんのPCからは、見心地悪くなったりしてませんでしょうか? そうでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ニューヨークに関すること、何でも
by UKaye

Mail to U.Kaye

ブログトップ | RSS | Commented

semスキン用のアイコン01 <   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧  semスキン用のアイコン02

semスキン用のアイコン01 ニューヨークにいます  semスキン用のアイコン02

2006年 04月 29日

早速到着即日からショーを1本観て参りました。
いつものように、写真付きでアップしようと思ったのですが、マイパソコンのアクセスが調子悪く、宿泊先のPCから更新しているもので、写真のアップができません。

今日のニューヨークは晴れ渡る青空です。寝過ごしたのがもったいない。。。でも、たっぷり寝ないとショーのとき眠くなるしね。

これから、ユニオンスクエアあたりを散歩に出かけます。

と思いきや、
[PR]

by UKaye | 2006-04-29 02:38 | New York Special | Comments(10)

semスキン用のアイコン01 明日からニューヨークっ!  semスキン用のアイコン02

2006年 04月 26日

なんですが、ついさっきまで、京都へ仕事で行っておりました。もちろん、仕事だけで終わらせるはずがありません。京都の新緑、桜&藤の美を、私の写真でどれだけ伝えられるかは疑問ですが。。。

a0037729_22241273.jpg
a0037729_22242267.jpg
a0037729_22243197.jpg

では、今からパッキングして、明日はニューヨークへ行ってきますっ!
[PR]

by UKaye | 2006-04-26 22:26 | New York Special | Comments(5)

semスキン用のアイコン01 もう一発マラソンネタ、今度はフルマラソン、完走です。  semスキン用のアイコン02

2006年 04月 16日

4月16日、本日、霞ヶ浦で42.195キロ走って参りました。
なんと、34キロ地点まで歩かずに走ることができました。しかも30キロ地点を3時間切る速さで。まあ、その後はガタガタなんですけど。それでも、歩いたのは34~5キロ、37~8キロおよび40~41帰路の箇所計3キロに押さえて、あとは走破。タイムは、4時間40分をちょいと切るくらい。

しかし、土浦を舐めていた。常磐線で、茨城の入り口取手からさらに27分かかるのね。乗った電車が取手止まりを待って、でも、それ乗って土浦着くと、10分しか猶予がないっ!ここで、とっさに、電車待ってる間に駅のホームで準備運動しちゃいました。まだ、運動着じゃないですよ。まあ、変態だと思われてるでしょうね、思っててもいいから、職務質問には来ないでね、お巡りさん・・・だってこの電車逃したら、ジ・エンドだから。。。で、電車に乗ると、トイレの中で着替え。Tシャツ短パンに、ゼッケン&RCチップ(タイム計測用のチップ)を装着した姿で、27分の車中生活を。土浦駅に着いたら、そのまんまウォーミングアップを兼ねたジョギング。荷物預かり所に寄って着替えを詰めたリュックを預けて、なんとかスタートにも間に合ったのであった。
[PR]

by UKaye | 2006-04-16 19:08 | Marathon | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 高低差250m、23.4km走破!  semスキン用のアイコン02

2006年 04月 02日

朝からイヤな雨だった。
朝自宅から行ける大会なら、間違いなくリタイヤしてました。出走を駆り立てたのは、交通費かけて静岡までやってきて、さらにホテル代までかけて泊まったんだから、走らなきゃもったいないっていう貧乏根性。

というわけで、本日は静岡の、日本平さくらマラソンを走ってまいりました。自分のマラソン史上最大の高低差、250m。ちなみに、今まで150mの高低差のマラソンは3度ほど走っていますが、未だに歩かなかったことはありません。だから、この大会のエントリーは躊躇したんだけど、あの眺望スポット日本平で、満開の桜を背景に走れるのはきっと苦痛に替わる喜びがあるに違いない、と出走決意。

こんな高低差でも、救いなのは、上り坂は前半にあること。疲れてないうちにゆっくり走って、9km地点の関門を1時間で通過すれば、なんとかなるのではと、ほのかな期待。ちなみに、10キロマラソンは50分でゴールしますし、平地のハーフマラソンなら、10km地点を55分で通過します。それを1km短くしても、1時間で通過できる自信なんてとてもありませんでした。

スタート後しばらくは平地でウォーミングアップし、2km地点から、普段は有料の自動車道路、日本平パークウェイへ。ここで、7kmをひたすら上り続ける、序盤にして最大の山場の始まり。いきなりきついぞっ!カーブが続く。普通のレースだったら、少しでも距離を節約しようと、ショートカットでできるだけ直線になるように走りますが、今日は違う。どんな経路で回っても、高低差は同じ。距離をカットすると、それだけキツイ傾斜を走る運命に。遠回りに走った方がラクなんですね。そんなの、全体の運動量に比べたら、微々たるモノと思います?そうかもしれない。でも、走っている人間の心理は、ハゲ親父がシャンプー時の抜け毛1本に多大なる寂寥感を感じるのと同じくらい、少しでも楽したい気持ちで一杯になるのです。回り方で注意すること、カーブの傾斜によって、場合によってはちょっぴり上りすぎて下るハメになりうること。

坂を上りきったところで、20キロ地点。23.4キロのマラソンって、ハーフに毛が生えたようなものだと思います?僕もそう思ってたんですよ。でもね、この20キロ地点にきて思うんです。あと1.1キロで終わるハーフに対し、あと3.4キロ。これは随分違います。1.1キロなら、ラストランって気合が入るけど、3.4キロまだ走らなきゃいけないなんて、呆然です。でも、我慢して走るよ。ここまで、キロ6分をわずかに上回るペースで走っています。でも、最後まで持つかはまだ心配。

残り2キロ地点で、朝受付してから買出しに行ったセブンイレブンを発見。おお、帰ってきたよ、と安堵感。もち、まだ2キロあるんだけどね。ちょっと競技場の外を周回してから入るんだろうね。でも、近くにきたって心理はゴールに向けてとってもポジティブに。残り1キロ地点を過ぎてまもなく、競技場のある草薙運動公園の敷地内に。ちょっと前を走ってた女の子は、ここで「やったー」の歓声。もう、ゴールする自信あるんだ、すご~い。僕は全然、競技場の敷地からさらに競技場内に入っても、まだ自信なかった。最後の200メートルかな、確信できたのは。やったー、ゴールだ!

今回、高低差の新たな壁を越えました。そして、歩かずに完走した距離も、ハーフからちょいと更新。フルマラソンは、どうしても自分のレベルじゃ歩いちゃうしね。次の目標、高低差では今まで挫折してた富士吉田の火祭りロードレース150m, 20kmの走破。後半にスタミナ蓄えるために前半ゆっくり走って、なんとかなるかな。そして距離では、30km。青梅マラソンがちょうどいいかな。

でも次は、なんと2週間後にフルマラソン。歩くんだろうなぁ。ま、マイペースで。

そういえばこの大会、日本平「さくら」マラソンだったよな。そういえば咲いてたかな。鑑賞する余裕なんて、全然なかった。。。
[PR]

by UKaye | 2006-04-02 21:51 | Marathon | Comments(6)