U.Kaye Presents いつか、New Orleans

パソコンを買い換えました。今まではノートだったのですが、デスクトップに。でもって、自分のパソコンから見やすいようにスキン改造。 皆さんのPCからは、見心地悪くなったりしてませんでしょうか? そうでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ニューヨークに関すること、何でも
by UKaye

Mail to U.Kaye

ブログトップ | RSS | Commented

semスキン用のアイコン01 <   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧  semスキン用のアイコン02

semスキン用のアイコン01 富士山を離れても、ニューヨークは忘れません  semスキン用のアイコン02

2006年 02月 26日

ということで、次回のニューヨーク訪問、またもやGWに前後休暇をくっつけての日程となりました。

エア・チケット取りにちょっと出遅れて、航空会社未定直行6万円は逃しちゃったけど、それより安い値段のノースウェスト、デトロイト乗継で赴くことになりました。乗り継ぎは別に苦にしないんだけど、着いたその日に観劇できないのが残念。でもまあ、去年ほど新作ないし、いいかってな感じ。

今回の新作は、
Pajama Game
Three Penny Opera
Drowsy Chaperone ロス行かなくても、観れた
Tarzan
Lestat
Wedding Singer
Ring of Fire
Hot Feet

Tarzanは、前回NYいるうちにBOX Officeで買っちゃったから、あと前売りで押さえておくべき作品は、上2つだけか?

期間中、DCへもちょいと出かけます。行ってすることは決まってないけど、去年の秋、Katrina絡みでキャンセルになったフライトの振り替えをココで使ってね。そうじゃなきゃ、飛行機使ってNYからDC行くメリットないし。さて、この時期のケネディセンター、何やってるか。Signatureもちょいとチェックしてみますか。
[PR]

by UKaye | 2006-02-26 15:04 | New York Special

semスキン用のアイコン01 大トロですっ!  semスキン用のアイコン02

2006年 02月 14日

引越しも何とか落ち着いて、自炊ができる状態になりました。で、今日は、自炊というほどじゃないんですが、
a0037729_22294763.jpg

大トロです!
a0037729_2240566.jpg
最初は、鯵か鰯でも買って捌こうと、新しい街の魚屋へ足を運んだのですが、そこで目にしたものが、このイキのいい大トロ。しかも、脂ノリノリでしょ?一緒に売られていた中トロが、世間では充分に大トロで通用するモノだった。店員さんの、「安いよ~、こんなチャンス滅多になしっ!」なんて言葉に載ってしまって、つい。ちなみに、100gで1123円、このサクは、1本1710円。私、普段はとても食べつけていないせいで、相場よく分からずに、安いと信じ込んで買ってしまったのですが、本当に安いですか?まあ少なくとも、コレだけの量スシ屋で食べるよりは、遥かに安いでしょうね。
a0037729_22441124.jpg
最後の2キレ、ちょいとあぶってみました。あ~、脂が滴り落ちて、もったいない。。。でも、また完全ナマとは一味違う、あぶりならではの美味しさが。

それにしても、当初予定の鯵鰯に比べて、随分な予定変更、予算大幅にオーバーでした。
[PR]

by UKaye | 2006-02-14 22:46 | Foods

semスキン用のアイコン01 ホテル・ルワンダ  semスキン用のアイコン02

2006年 02月 13日

a0037729_0464939.jpg
これの感想を書くって、自分が思慮浅かったり、器が小さかったりするのがバレバレに見透かされることなんだなぁ、と思いますが、あえて。
a0037729_0454879.jpg

映画の出来としてどうこうというより、この歴史事実が只ただ痛々しい。

国連平和維持軍(PKF)は、自衛以外で武器は使えず、仲裁にも入れない。すなわち、ルワンダ人同士の虐殺が起きても、ただ見守るだけ。挙句の果て、治安の悪化が進むと撤退してしまって、何のためにいるのかわからない。米軍がイラクに介入してるのは、イラクに民主主義を敷くためじゃなくて、石油の利権のためなんだろうね。ルワンダ支配してもメリットないと、こんなことになってしまうのか。。。だからといって、自分がこれを非難できるのか?じゃあ、自分が行ってできるかといったら、とんでもない。戦争参加どころか、民間ボランティアだってイヤだ。さらには、自衛隊の派遣も反対。自衛隊が軍隊かどうか、武力行使有無の話じゃなくて、日本人が戦争に巻き込まれるのが感情としてイヤだ。だから、この映画、というよりこの史実、どう批評したらいいんだろう。。。

争うこと自体、断じてよろしくないが、争うにしても、フツ族にとって、本当に憎むべき相手はツチ族なのか?自分達を植民地支配し続けてきた、ドイツ&ベルギーなんじゃないか?でもそういう、敵の本陣まで距離が遠すぎたり、武力のスケールが違いすぎてとても敵わない相手は敵とみなさず、手っ取り早くやっつけられそうなところに怒りのやり場を見つけて、スッキリしようっていう人間の思考のメカニズムが働いてるだろうね。身近な争いごとのなかで、自分にも心当たりがあるだけに、やりきれない。
[PR]

by UKaye | 2006-02-13 01:00 | Movie

semスキン用のアイコン01 今年も、花粉の季節がやってくる  semスキン用のアイコン02

2006年 02月 03日

昨年は、花粉症は外科医でなんて記事書いたっけ。自分で探すのも面倒くさいし、読んでも大したことないからリンクしないけど。去年は足怪我したついでに、総合病院で内科か耳鼻科に移って花粉症の薬もらおうとしたら、アッサリ怪我治療と同じ外科で処方箋書いてくれたもんで、来年からは外科の単独診療所行って、インフルエンザ移らないようにしよう、と心に決めたものだった。しかし、やはり自分は小心者で、外科の用事がないのに外科に行く勇気がなかった。で、内科だとインフルエンザの院内感染が怖いから、耳鼻科へ行ったのだが。。。

新しくやってきたこの街で、ネット検索で見つけた耳鼻科。でも、そこで見た現実は。。。

最近の個人診療所、メディカル・タウンなんて称して、いろんな科の医院がビルのひとつのフロアに共同でテナントになってたりする。そして、ここにも内科があった。わざわざ総合病院外して診療所選んでやってきたのに、意味ないじゃん。医療まで、秋葉原のように専門点街作って客集めよう、なんて戦略なのね。でも、それ当たりかな?自分だったらヤダ。今回は、もう来ちゃったからお世話になったけど、やっぱ、伝染病診る診療科は、同居してほしくないっ!

今年の花粉、弱い見たいね。去年、あんなヘビーな花粉を飲み薬クラリチンと、点眼&点鼻インタール(いずれも抗ヒスタミンによる対症療法)だけで乗り越えたなら、今年は心配ないって言われた。一安心。でも、これを理由にマラソンの練習はサボれない。早く新天地でジョギングコース開拓しなきゃ。
[PR]

by UKaye | 2006-02-03 23:28 | My Everyday Life