U.Kaye Presents いつか、New Orleans

パソコンを買い換えました。今まではノートだったのですが、デスクトップに。でもって、自分のパソコンから見やすいようにスキン改造。 皆さんのPCからは、見心地悪くなったりしてませんでしょうか? そうでしたら、ご遠慮なくお申し付けください。
ニューヨークに関すること、何でも
by UKaye

Mail to U.Kaye

ブログトップ | RSS | Commented

semスキン用のアイコン01 FAGE、日本に再上陸  semスキン用のアイコン02

2006年 05月 16日

a0037729_2342231.jpgこの記事でのクーラーBOXの中身、それはもちろん、ギリシャヨーグルトFAGE。日本で史上2度目の上陸になりました。って、私の知ってる限りではこのときが初めてなんですけど、それ以前に来てたぞ、という貴重な情報をお持ちの方は、是非ご一報ください。

え、あの時以来、1年半ぶりなの?しょっちゅうニューヨーク行くのに、その度に毎回持ってきてたんじゃないの?って思ってた人、手ぇ挙げてっ!

だって、一人旅で、スーツケースの他にバックパック持って、さらにクーラーボックスですよ。そんなに根性続きません。もちろん、持ち帰らないときも、現地でしっかり食べてますけどね。

今回は、日本のブロガーさんに味わっていただきたい、との思いから、再び腰を上げて、というよりクーラーボックスを担ぎ上げて、ニューヨークへ飛び立ったのでありました。

それにしても、前回より関門が厳しかったです。まず、米国入国。税関で目をつけられる。前回がたまたまラッキーだったんだろうか。

"Why do you bring a cooler?"と尋問され、別室へ。やっぱ、怪しいか。新幹線で釣に行くなら自然なのにね、ちょっと距離伸ばしただけじゃん、っての通用しないのかな。細菌兵器持ち込むんだったら、クーラーよりは温かい方の恒温槽でしょ。どうみても善良な市民だからさっさと通してくれ、と願うが、英語に出来ず。とりあえず、"I wanna take American yogurt into Japan"とだけ言う。すると担当官は、"Yogurt?"なんか、発音にびっくりした。これ、英語では"ヨガート"と発音するものだと思っていたが、彼は"ヨーグルト"と言った。ヨーグルトで通っているのか。それともスパニッシュだったのかな?そんなこと考えている間に、荷物を徹底的に調べ上げられた。あのさあ、ここはデトロイトで、今から乗継いでニューヨーク行かなきゃいけないんだけど。検査のせいで乗継便のがしたら、あんたが飛行機代立て替えてくれるの?絶対そんなことしないよな、この国。まあ、隅々まで調べられた結果、潔白が証明され、無事に乗継便に間に合うよう解放されました。

そして帰国時。行きはカラ箱だから、預かり荷物にしていいけど、帰りは大事なヨーグルトが入っているので、当然機内持ち込み。乗務員や他の乗客からもヘンな目で見られてる。それに、乗継の国内便、ジャンボじゃないから、荷物棚も小さい。クーラーは完全に横に倒さないと入らない。中には氷も入ってるから、融けた水が滲み出てくるぞ~。お願いだから、デトロイトまでの2時間は、氷解けずにネバってくれ・・・、とひたすら願う。デトロイト到着時は・・・わずかに滲み出ていました。でも何とか、隣の荷物に迷惑かけなくてセーフ。びしょびしょに濡れてたら、どうなってたんでしょうね。あの国のことだから、訴訟されたりもするのかな?これからは、直行便の時にしか持ち帰りません。今度は逆に、意外な喜び。前回は、わずかに傾けなければ荷物棚に載せられなかったクーラー、完全に立てて入りました。ラッキー。これ、これからの飛行機の最低条件。これからは、飛行機の機種を気にして便選ばなきゃね。

日本の税関では、「それ何ですか」と訊かれたけど、ヨーグルトですと答えたら、それまで。無事に日本上陸を果たしました。クーラーに対しては、日本の方が厳しくあるべきなのに。だって、もしかしたら米国産牛肉でもねぇ(←牛刺しかな?)。

こうして持ち込んだFAGEは、日本の二人のブロガーさんに食べていただこうと決めました。私は常に美味しいを連発していましたが、本当にそうか、ニューヨーク好きの贔屓目なのか。日本の美味しいデザートを食べ慣れていらっしゃる方の評価は果たしていかに。

さて、このブロガーさんとは。。。ていうか、もうアップされてますし、前記事にトラックバックも貼られてますので、内緒にする意味はないのですが。ただ単に、私の記事更新数をセコく稼ぐために、発表はまた明日以降。
[PR]

by UKaye | 2006-05-16 00:25 | Foods